押さえておきたいプロミスの総量規制

プロミスの総量規制について知っておく

 プロミス総量規制についての話を少し書いてみようかなと思います。プロミス総量規制というと、扱われている全ての借り入れに適応されるわけではありません。おまとめローンや目的ローン、事業者ローンなどは総量規制の対象外となりますので、借り入れされる方はホームページなどでチェックされた方がいいと思います。尚、総量規制というのは年収の1/3以上の金額を借り入れすることが出来ないという決まりのことです。

 貸し倒れなどを防ぐ為なんでしょうが、お金が必要な方にとっては辛いことも増えたかもしれません。借りる為の審査もどんどん厳しくなるし、今までは借りられたのに今はもう借りられないという人も増えているそうです。あ、話が逸れました。プロミスの自動審査などでは他社借り入れ額を記入する欄があると思います。そこに記入する項目についてですが、銀行借り入れ分や住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードの買い物分は記入しなくてもいいと思います。これらは、総量規制の対象外となりますので、記入する必要がないんです。正確に記入するというのは大事なことですが、このように必要のない記入内容というのもありますので、そこには注意しておかないといけません。

このように総量規制というのは、プロミスで扱う全てのローンに対して適応されるわけではありません。プロミス総量規制としては、事業者・目的・おまとめなどのローンが対象外として扱われますので、何もかも年収の1/3までしか借りられないと思わない方がいいと思います。ちなみに、これはプロミスだけのことではありませんが、初回に少しだけお金を借りて、後から増額申請することで年収の1/3以上を借りようとする人がいるらしいです。しかし、これはどこの金融機関でも難しいと思います。

 プロミスを始めとする多くの金融機関では、借り入れ金が50万円を超えた時や他社借り入れとの総額が100万円を超えた時には所得証明の提示が必要になります。ですから、難しいことだと記しました。ちなみに、所得証明というのは給料明細、源泉徴収票、確定申告書のどれかのことを意味します。これらは、働いている形態、つまり、会社員か自営業かなどの意味ですが、これらによって変わるので、自分の雇用形態に合わせて提出しましょう。尚、年収というのは、月収×12という単純なことではなく、ボーナスや諸々の手当てなどを全て含めた1年間の総収入のことを言いますので、これも気をつけてほしいと思います。⇒プロミス借り方の流れは?すぐ借りれる?【審査に通るコツ】

関連リンク

プロミス総量規制の影響は?総量規制対象外もあるの?【即日・目的ローン】
総量規制というのは、プロミスで扱う全てのローンに対して適応されるわけではありません。
簡単便利なプロミス自動契約機
プロミスの自動契約機は、人に会いたくない、店舗まで行けないという人には利点が多いようです。
プロミスのホームページで3秒診断
プロミスの3秒診断は3つの項目を入力して、『診断する』というボタンをクリックするだけで結果が分かります。
プロミスの審査で有利な条件
プロミスや金融機関などで借り入れ審査に有利になる条件というと、当然他社からの借り入れが少ないということです。
プロミスの評価を参考にする
プロミスからの借り入れを考えているのなら、参考に口コミサイトを活用するという方法もあります。
プロミスの窓口で相談
不安や疑問などがある場合はプロミス店頭窓口へ、スタッフが対応してくれるので安心です。
プロミスのおまとめローンを申請する
プロミスは低金利なので、おまとめローンで利用をするというのもローン負担を軽減する方法かもしれません。
プロミスの店頭のメリット
プロミスの店舗まで行けばスタッフが対応してくれるので、相談しやすいなどのメリットがあります。
金利で選ぶプロミス
プロミスの金利をネットなどで比較してみると、他社と比べ上限金利が低いらしいです。

プロミス審査甘い?在籍確認や審査基準は?【スマホ申込方法】

プロミスで借りる
Copyright (C) 総量規制とは・・プロミスで借りる All Rights Reserved