ショッピングリボのおまとめローンなら

クレジットカードのショッピング払いをおまとめするなら

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。複数のクレジットカードをお持ちの方のショッピングリボの返済がきつくなって、おまとめしたいという人が増えているそうです。

リボ払いで返済に追われているという人は近年増加しつつあります。

おまとめローンを申込するにあたり必須になる書類には本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。リボ払いをおまとめできるかどうかは業者によって異なります。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。クレジットカードリボ払いはおまとめローンできるのかどうかが知りたい人もいるでしょう。

ショッピングリボは元金が減らず返済が厳しくなるということで最近では問題になってきています。

アイフルのおまとめは「とまとめMAX」と「かりかえMAX」というものがあり、ショッピングリボにも対応しています。その他アコムやプロミスのフリーローンをおまとめとして利用するという方法もあります。

参考:リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】

多重債務の人の場合、借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

ショッピングリボ払いをおまとめローンしたい!

クレジットカードのショッピングリボなどをおまとめする場合、他にも完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。 特にクレジットカードのリボ払いは、ふと気がつくと全然借金が減ってないという体験口コミもあるほどです。毎月定額しかリボ払いしないということは金利しか支払っていないという事態にもなりかねないということです。

クレジットカードリボ払いよりも金利が安いおまとめローンで借り換えをしてそちらを支払っていくほうが結果的にお得になることもありますからね。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており銀行カードローンに使う事はできません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

なお、多重債務者の場合はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。クレジットカードのショッピングリボ払いをおまとめしたくても、おまとめローン審査に通らないとお金を借りる事はできません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融業者にはアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

多重債務を1本化できるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

プロミスで借りる
Copyright (C) プロミスからお金を借りたらヤバい?【今日お金を借りる方法】 All Rights Reserved